広告制作に役立つデザイン資格

広告制作に役立つデザイン資格 実用品としいても使用できるマグネット広告は、一昔前であれば水道工事やトイレ詰まりといった住居関連サービス会社が使用していた広告です。しかし昨今では整体院や薬局・スーパーマーケットなどさまざまな業種でも採用されるようになり、宣伝ツールとして高い注目を集めています。
このマグネット広告を制作するのに役立つデザイン資格は、色彩検定とグラフィックアート2つです。色彩検定とはバランスの良い配色を考える知識が必要な資格で、カラー見本を見ながら色のバランスを調整する能力を養うのに役立ちます。マグネット広告の場合、縦10cm・横5cm程度の小さなマグネット内に必要な情報を記載しなくてはいけず、視覚効果を高めるためにの配色が重要です。グラフィックアートはパソコンを駆使してイラストをデザインするのに役立ちます。各会社のオリジナルマスコットを描いたり、印象に残る文面を作る際にも必要な技術でマスターしておくのが良いでしょう。

好きなデザインが貼れるマグネット広告が人気

好きなデザインが貼れるマグネット広告が人気 マグネット広告は、好きなデザインや大きさのものが貼れるので看板よりも手軽に出せる広告として人気を集めています。看板は目立つことや大きいものなら訴求力が高いなど、いろいろなメリットがありますがマグネット広告は、どこにでも異動できて料金も安く、設置にも手間がかからないといったメリットが大きいです。
又、撤去するときにもコンパクトなのですぐに外すことができて他の場所につけられる利点もあります。金属ならどこにでも貼れるというのはとても便利ですし、デザインや大きさ次第でいろいろな使い方が考えられるので、アイディア次第で可能性も広がるのも特徴です。
マグネット広告を作っている業者は多いので、これから作る予定の方は比較して選ぶのがお勧めです。テンプレートも豊富なので、より宣伝効果の高いものを選んでみてはいかがでしょうか。もちろんオリジナルで作ることもできますし、カラーや大きさも選べて古オーダーをするのも可能です。