このサイトでは、マグネット広告の作り方や制作に役立つ資格などについて幅広く紹介しています。
紙ベースの広告が一般的ですが、最近では冷蔵庫やスチール棚などに貼っておけるマグネットを活用した広告が注目されています。
マグネットはレシピやメモなどを貼っておく時に使用するので、案外主婦の方に喜ばれるノベルティアイテムです。
マグネットはデザインによって印象が多様に変化するため、制作する時には冷蔵庫に貼って置きたくなる使いやすいものを選ぶと良いでしょう。
またどうしてもアイディアが思いつかない時にはテンプレートを活用することもできます。

マグネット広告のデザインの作り方

マグネット広告のデザインの作り方 マグネット広告を作るには、自力で作る方法と業者に依頼する方法の2種類あります。
自力で作成する場合、専用のインクジェットプリンターとインク、マグネットシートが必要となります。
専用のインクジェットプリンターがあれば安価で作ることも可能です。
しかし、マグネットシートは厚みがあるため、手作業では断面を綺麗にカットすることが難しいというデメリットがあります。
業者に依頼してマグネット広告を制作する場合、用意するものはマグネット広告のデザイン原稿です。
このデザイン原稿も自分でソフトを用いて作成することも可能ですが、業者に依頼しても問題ありません。
インターネット上でもマグネット広告を制作している業者がたくさんあります。
業者によっては少数から作成できたり、初回に限りイメージと合わなかったらデザイン制作後にキャンセルできる業者などもありますので、お好みの業者に依頼すると良いでしょう。

マグネット広告のデザインは自由に製作できる

マグネット広告のデザインは自由に製作できる 自宅のポストなどに、マグネット広告が投入されているケースが多くあります。
そのように、この宣伝手法は全国的に普及しているわけです。
この手法を自社や店の宣伝に使えば、消費者の目につきやすいメリットがあります。
現在では社用車や公用車にマグネット広告を貼って、商品やサービスの宣伝に使うケースも増加傾向にあると言えます。
そのメリットは簡単に貼ったり剥がしたりできることです。
ペイントとなれば、相当なコストと時間がかかるものです。
それに対して、マグネット広告を採用すれば素人でも簡単に脱着できます。
コスト的にも低いので、希望の期間に応じて導入することが可能になります。
広告のデザインも自由に選択でき、形状に関しても加工しやすいのが魅力です。
防水性にも優れているので、屋外での使用にも耐えられるわけです。
現在はネットからも注文することができ、最低1枚からでも発注可能となっています。
勿論、大量ロットの注文にも対応しており、大規模なイベントの宣伝にも利用することができると言えます。
注文の仕方も簡単で、広告データを送るだけで済みます。
データ送信ができない場合は、原稿と素材を送れば印刷してもらえます。
このように、マグネット広告は誰でも簡単に製作できるわけです。

マグネット広告の参考サイト

マグネット広告